資金管理

2019年11月10日

ロスカット許容額は幾らかを考える

こんにちは。


トレードではエントリーしていつも自分の描いたシナリオどおりにいくとは限りません。


なので、目論見が外れたときにはロスカットをすることがあります。




感情だけでトレードしていると、ロスカットは痛いと感じるでしょう。


「戻れ、戻ってくれ」とお祈りすることもあるかもしれません。




それはともかく、


ロスカットをするとなると、当然ながら


損切幅を決める必要があります。




その際、自分が許容できる金額を考えると、


ロット数、値幅が決まります。




実際には、勝率との兼ね合いを考えて


ロスカット幅と利確幅を決めます。




自分のルールでトレードすると利確幅/ロスカット幅の比は


どれくらいのときに利益が出るかを


検証して調整する必要があるかもしれません。




手順としては、


①ロスカットの許容額を決める

②取引数量を決める

③ロスカットの値幅を決める

④利確幅を決める


例えば、ロスカット幅50pipsに対して利確幅が100pipsだとしましょう。


その場合、勝率50%以上であれば利益が出ます。



感謝



yururiforex at 18:18|PermalinkComments(0)